スーパーコンピュータで発電用ガスタービンの数値シミュレーションを高速化:CAEニュース – MONOist

NECと東北大学は、スーパーコンピュータを活用し、発電用ガスタービンの数値シミュレーションを高速化する技術を開発した。同技術を用いて、従来は約9日かかっていた非定常熱流動の全周シミュレーションを1.3日に短縮した。
— 読み進める monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2110/27/news045.html

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。