子どもの「神経性やせ症」初診外来患者、コロナ禍で約1.6倍に-成育医療センターほか – QLifePro 医療ニュース

国立成育医療研究センターは、新型コロナウイルス感染症流行下の子どもの心の実態調査を行い、コロナ流行前の2019年度と比較し、2020年度では神経性食欲不振(神経性やせ症)の初診外来患者数が約1.6倍、新入院者数が約1.4倍に増加していたことが判明したと発表した。
— 読み進める www.qlifepro.com/news/20211026/covid19-child-health.html

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。