3割の新人が3年で離職…「若者は根性が足りない」と嘆くオジサン社員の壮大な”勘違い” 古臭い会社が見放されているだけ | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

厚生労働省の調査によると、新入社員の約3割が3年以内に会社を辞めている。イノベーション研究の国際賞「シュンペーター賞」を受賞した早稲田大学商学学術院の清水洋教授は「『若い人の辛抱強さがなくなった』などと言われるが、完全に的外れだ。従来の働き方を続ける日本企業が見放されているからだ」という――。(前編/全2回)
— 読み進める president.jp/articles/-/51121

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。