エチオピア コーヒー原産地の覚醒、高値で輸出狙う: 日本経済新聞

爽やかな酸味と高い香り。コーヒーの原産地といわれるエチオピアの人々が楽しむ淹(い)れ立ての一杯は、目の覚める味わいだ。コーヒー生産量はアフリカ最大で、国を代表する輸出品だが、安い生豆のまま売る商法が続いてきた。これを抜け出し、焙煎(ばいせん)などで価値を高めて輸出しようとする動きが広がっている。首都アディスアベバにある新興のコーヒー加工業、ハデロコーヒ
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOGR19DOH0Z11C21A0000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。