「このままでは国家財政は破綻する」財務次官による”異例の寄稿”本当の狙い

現職次官が『文藝春秋』に異例の寄稿「矢野さんが辞表提出を求められている」――永田町や霞が関は、そんな話で持ちきりになった。10月8日。その日発売の月刊『文藝春秋』に財務次官の矢野康治氏が「このままでは国家財政は破綻する」と題する寄稿をしていた問題についてだ。現
— 読み進める blogos.com/article/565514/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。