洋上風力、30年に1000万キロワット 政府が開発に関与: 日本経済新聞

経済産業省は20日、再生可能エネルギーの導入策を話し合う会合を開き、今後の施策をとりまとめた。主力電源化の切り札になる洋上風力について2030年までに1000万キロワットの導入にめどを付けると盛り込んだ。政府が事前調査など開発の初期段階から関与し、効率よく建設を進めるよう求めた。政府はエネルギー基本計画を月内に閣議決定する。30年度の発電量に占める再生エネの割合を36~38%に引き上げることを
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUA200XH0Q1A021C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。