「国語が苦手な子ども」が音読で激変する納得理由 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

これまで数多くの中学受験生を指導してきて、「合格していくのは、国語の成績がいい子が圧倒的に多い」という傾向に気がつきました。国語は「日本語の文章を理解する」科目です。ほかの科目の問題も日本語で書かれ…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/462590

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。