サカタのタネ、スマート農業実験 横浜市の事業に選定: 日本経済新聞

サカタのタネは19日、横浜市の下水汚泥処理施設で「スマート農業」の実証実験を始めると発表した。北部汚泥資源化センター(同市鶴見区)の敷地、約200平方メートルに新設される農業用ハウスに温度・湿度などを遠隔から管理できる環境制御システムを導入する。汚泥処理の過程で排出される熱や再生水、二酸化炭素を利用し、来年度から花き類や野菜の
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC195DF0Z11C21A0000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。