レーザー核融合の効率化に向け前進、大阪大学が高温プラズマに強磁場を加えるとプラズマ温度が上昇する現象を世界初観測 | TechCrunch Japan

大阪大学レーザー科学研究所は10月14日、高温プラズマに強磁場を加えるとプラズマが変形するという現象を、世界で初めて実験により観測し、理論とシミュレーションでこの現象の詳細を明らかにしたと発表した。これは、レーザー核融合におけるエネルギー発生の効率化に資すると、同研究所は話している。
— 読み進める jp.techcrunch.com/2021/10/18/osaka-univ-high-magnetic-field-plasma-suppression/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。