「輸出量はたった4年で300倍に」茨城県がメロンの海外展開を大成功させたシンプルな手法 海外バイヤーを招致したら一変した | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

2014年まで青果の輸出がほぼゼロだった茨城県が、農産物輸出を急増させている。初代JETRO(日本貿易振興機構)茨城事務所長の西川壮太郎さんは「バイヤーを招待して実際に商品や生産現場を見てもらう。『百聞は一見に如かず』だ」という——。
— 読み進める president.jp/articles/-/50832

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。