新型コロナの経口治療薬開発レース、後発組も逆転狙う:日経ビジネス電子版

新型コロナウイルス感染症治療の飲み薬(経口薬)開発レースで、現在のところ優位に立っているのは、米製薬大手のメルクとファイザーだ。両社はそれぞれ新薬候補の臨床試験(治験)結果を公表する準備に入った。一方、出遅れたライバルたちは、より効果が大きく患者にとって負担が軽い飲み薬を生み出すことで一発逆転を狙っている。
— 読み進める business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/100400253/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。