トヨタの「ソフトウエアファースト」率いるカフナー氏、高まる存在感 – Bloomberg

世界最大の自動車メーカー、トヨタ自動車がクルマづくりにおいて「ソフトウエアファースト」への転換を進めている。従来のやり方を根本から覆す新たな開発思想で成功の鍵を握るのは、シリコンバレー出身で生え抜きが多数を占める同社では異色の経歴を持った米国人幹部だ。
— 読み進める www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-10-06/QZTOLPT0G1L201

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。