アンモニア火力発電「40年代に」 経産省、初の国際会議: 日本経済新聞

経済産業省は6日、燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しない燃料用アンモニアの利用拡大に向けて官民で話し合う国際会議を初めて開いた。日本はアンモニアだけを用いる火力発電を2040年代に実現する目標を表明した。石炭に代わる脱炭素燃料として活用するため、供給網の構築を進める。燃料アンモニア国際会議の初会合にはインドネシアやノルウェー、サウジアラビア、オーストラリアなどの閣僚や企業が参加した。広瀬
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUA065YT0W1A001C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。