メディアプロパガンダ

2021年9月3日

菅総理が自民党総裁選出馬見送りの報道が取り沙汰されているが、
昨年の総理就任から現在に至るまでを振り返ると、
現在の菅総理に対する世間の評価が不当とも言えるほど、
多くの実績を残している。

<なぜそんなことが起こるのか?>

お名前.com



多くの人々がマスメディアから報道される内容を鵜呑みにしてしまうが、
果たしてマスメディアが言っていることは本当に正しいのであろうか?

マスメディアは、まるで菅総理が悪いと言わんばかりの報道や空気感を
創出し、国民の多くを巻き込み、そういう印象を意図的に与えている。

心理学に基づく技術に『大衆扇動』または『メディアプロパガンダ』
というものがあります。(名称や分類の話は別投稿を検討中)
この技術を巧みに使用すると、群衆心理を制御(コントロール)することが
可能になります。


※都市伝説や陰謀論的なものには、興味がないので
そう言った方面の話ではありません。

単に技術として、そういったものが報道の中に巧みに散りばめられていて、
無意識に注目してしまったり、信じてしまったりする。

筆者である私としても、
かつては世の中の理不尽や不条理や乱れ・無秩序的なものは、
政治家である国会議員や政府や大臣といった役職を担う方だったり、
それらを支える仕事を担っている方々に原因があると、
考えていたこともありましたが、
それが唯一の原因ではなかった。

マスメディアに問題があった。


ただ、それも責めることはできない。
なぜなら、メディアも企業であり、報道は企業活動である。
ともすれば、
最大の目的は『売上』をあげることに据えられる。
よって、
売り上げが上がる報道をする = 正確な正しい報道
という等式が成り立つことが最大の目的でないのである。

『売上』さえあがってしまえば、発信される報道に
注目さえしてもらえれば良い(視聴率の獲得)である。
そうすれば、そこで働く方々は飯を食える。

そこに多くの人が行っている企業活動と差異はない。


責められない。


しかし、
それを言い訳に、結果として国や国民に混乱をもたらしていることも
また、事実である。


マスメディアへ勤務されている方の中にも、
売り上げが上がる報道をする = 正確な正しい報道
この等式が成り立つような報道をすることが責務であると、
考えていらっしゃる方もいるだろう。

しかし、
世の中に放ってしまっている影響力は圧倒的に等式が成り立たないほうの
勢力が上回ってしまっていると言わざるを得ない。

そして、本日(2021年9月3日)における、
菅総理ご自身のご決断を誘発してしまったのだ。

全くもって悔しい話である。


詳しくは別の記事でご説明 → 記事が書けたらリンクを



参考までに、
小泉進次郎環境大臣の菅総理の決断を受けてのメディアて対する応答の様子を
引用として添付。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4352175.html
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA03AI80T00C21A9000000/

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


お名前.com










コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。